酵素効果を期待したダイエットは嘘だが良い面もある

酵素の効果に期待し失敗しても害はない。失敗する人は大抵食事制限をしていないからだ。酵素に期待する内容としては概ね酵素ダイエットって?でのっている内容そのものだと思うのだが、これらは証明されていない一部の酵素栄養学というまだ確立されていな学問を元に考えられている効果なのだ。

害はないというのは比較対象として害のあるダイエットの話をしないといけない。体に悪いものを取り入れたり、栄養が偏ってしまったりすることが害があると定義づける。たとえば、フルーツの一種類のものだけをたべるダイエット等は害があると考えている。確率論だが、同じものをずっと食べ続ける行為は食物アレルギーを引き起こす可能性もあるとされている。たかが一時期のダイエットでアレルギーになってしまうのは最悪だ。

酵素ダイエットは直接奇跡的な脂肪燃焼効果などはない。迷信だ。だが栄養のバランスとしては優れている健康ドリンクであると言う事は否定できない。

酵素ダイエットはなぜ体に良いのか?

酵素ダイエットに使われるもの次第でもあるが、素材にこだわった酵素ドリンクを毎日飲むことに関しては体に良いと思う。野菜中心の生活を目指すのであれば酵素ドリンクはもってこいではないだろうか。

よく、野菜ジュースを毎日飲むことが健康的と考える話がある。これを誤解して市販で売られている野菜ジュースをまとめ買いし、毎朝飲んでいる人もたまに見かける。しかし、これはとても間違った健康方法である。野菜ジュースは意外と知られていないのだが糖のが意外と多く含まれているのだ。野菜といっても野菜の栄養補給を期待する事は出来ず、しかも糖を摂取してしまう事になる。夏場は水分を欲するが間違ってコンビニに売っている野菜ジュースを大量に飲んではいけない。糖尿病の予備軍に昇格してしまうかもしれない。

一方の酵素ドリンクは商品にもよるのだが、ダイエット食品として考えて作られているだけのことはある。もちろん1日ボトル1本を飲むとか容量を超えた飲み方は良くないだろう。現役を炭酸水や水で割り朝飲むのは健康的な飲み物を求めているとしたらもってこいの商品ではないだろうか。おすすめとしては、優光選や酵素八十八選のような、材料にこだわりがある、多少価格としては高いのだが職人がつくっている酵素ドリンクがよいと考えている。理由はネット販売などで売っている酵素ドリンクしかり、すべての酵素ドリンクは発酵飲料なのだが、中には材料を無難な物にまとめ発酵する際に必ず使う砂糖などもコスト重視にしてしまいあまり宜しくない仕上がりになっていることがある。

仕上がりに関してはとある部分を見るとわかる。

原材料に何を使っているか。そしてそれがどこで取り寄せている、もしくは厳選しているものなのかという地域の表記。高い材料を惜しげもなくつかっているかどうかなど。これは一度酵素ドリンクを買おうと思うのなら見るべきポイントだ。

適当に作っているところは、これを見つけるのが大変なのだ。本当に。(ホームページ上の話)ホームページにそういった重要な情報をみつけずらくしているということは、なぜか。自身がないからと言っていい。

健康食品などははっきりといって成分、原材料がかなりの比重を占めて重要な部分。これを隠すということは、他の言葉巧みさや、宣伝にお金をかけて適当に売っている可能性が高い。宣伝自体は悪い事ではないのでそこは補足しておこう。

酵素サプリメントよりも野草やこだわった酵素ドリンクがおすすめ

私自身があまりサプリメントという錠剤のものには期待をしていないという感覚の持ち主というのもあるのだが、酵素に関して言えば液体の酵素ドリンクのほうがダイエットとしては最適だろう。健康目的で飲むのであればサプリメントでもよいかもしれない。選び方は先ほどの成分表を要チェックしてほしいのだが、酵素ダイエットを行っていくのであれば、ファスティングをしないとまったく効果は無いと考えよう。

そう考えた時、錠剤のものではお腹を紛らわすことはまず不可能だし、酵素に直接のダイエット効果を望むのも意味が無いこと。

だから、どちらがよいかと問われたとしたら、迷わず酵素ドリンクを選ぶべし。と私は答える。そして、野草のものがおすすめだ。なぜかといえば、普段食べる食事の中で野草はそう簡単にとれるものではないからだ。

栄養学の基本として多くの食材を食べることが推奨されている。もちろん、健康食品に加工されているものではなく、旬の野草を取り入れたりできれば、ビタミン等しっかりとれて良いのだろう。

野草はなかなか食べることができないし、酵素ドリンクは春夏秋冬の野草が3年くらいの期間をかけて熟成させているので、そういった意味でもおすすめだ。

コンテンツ